COMPANY 会社概要

HOME » COMPANY

信頼と技

地域に根付いた経験を活かし、設計から施工にいたるまで、すべて一貫体制でお手伝いさせていただきます。

金生建設本社

弊社は創業90年と4代に渡って引き継がれ現在に至ります。
この90年間を振り返れば、住宅はもとより工場、店舗、事務所、社寺などの建築物を数多く手がけてまいりました。地域に根ざした企業でありたいと思う中でふと街を見渡すと、弊社がお手伝いさせていただいた建築物に出会うことも多くなり万感の思いです。
地域環境に配慮し安全で確かな商品を皆様にお届けする事が私共の使命です。
90年の間に築き上げた地域の皆様との信頼と、培った技術を磨き続けこれからも地域社会に貢献できる企業でありたいと考えています。

金生建設の強み

伝統と歴史

創業より90年以上もの間、お客様に支えられ 地域と共に歩んでまいりました。製材業よりスタートし、材木の品質や仕入れ価 格などお客様に還元できることを多数見出してまいりました。その中で、さまざまな建築様式を手がけ、和風からモダンな洋風住宅まで幅広い範囲でのご提案が可能です。

伝統と歴史

地元特有の気候風土を考慮した家づくり

木造、鉄骨、鉄筋コンクリート造で社寺仏閣や公共案件など、長年の建築経験から蓄積したノウハウにより幅広いご要望にお応えできます。

地元特有の気候風土を考慮した家づくり

自慢の建築有資格者

大手住宅建設会社では本社に有資格者が居ても、支店には一人もいないことがよくあります。でも、金生建設は大多数が有資格者。だから任せて安心! 間取りのご提案から、現場管理、アフターサービスに至るまですべて自社内でお手伝いさせていただきます。

自慢の建築有資格者

暮らしやすい家づくり

標準的な日本の家は910モジュール。廊下に手すりを付けると少し狭く感じます。ローコスト住宅は坪単価を抑えるためにメーターモジュールとしており金生建設の標準は手すりを付けてもちょうどいい950 モジュールのため、ゆったり暮らしやすい家づくりをご提案することができます。

暮らしやすい家づくり

会社沿革

大正15年6月
建築請負業として創業。
昭和28年10月
金生木材株式会社を設立。代表取締役に宇田定良が就任。製材及び建築工事が主な事業となる。
昭和41年4月
金生建設株式会社に称号変更。
昭和42年4月
資本金2,000,000円に変更。
昭和49年11月
宇田凱武が新たに代表取締役に就任。
平成24年10月
宇田凱武が取締役会長に就任。
平成28年1月
宇田春隆が代表取締役に就任。また、新たに株式会社金建を設立し、宇田美保が代表取締役に就任。

企業理念

社会貢献

社会貢献

土木・建設業を通して、会社一丸となって全力で社会の利益に取り組みます。

多角的視野

多角的視野

様々な事柄に興味・関心を 深め、お客様のお役に立てる方法を見出します。

耐久性と経済性の追及

耐久性と経済性の追及

きれいに長く、より効率的に安く、より安心安全に、を最大限に追求します。

会社概要

社名 金生建設株式会社
設立 1926年(大正15年)6月1日
代表者 代表取締役 宇田春隆
資本金 33,000,000円
所在地 愛媛県四国中央市金生町下分911番地
従業員数 8名
倉庫・資材置き場 愛媛県四国中央市金生町下分1001番地-1
許可番号 愛媛県知事許可(般-29)第1100号